新型感染症スクリーニングシステム実地検証へのご協力のお願い

令和2年10月2日

新型感染症スクリーニングシステム実地検証へのご協力のお願い

 

感染症の大流行(パンデミック)に備えるための高感度な感染症スクリーニングシステムの開発が必要とされています。孫光鎬研究室では短時間・非接触でバイタルサイン(体温・心拍数・呼吸数)を計測し、感染症疑い患者を識別する新型感染症スクリーニングシステムの研究開発を行っています。同システムの計測精度を評価するため、電気通信大学附属図書館Ambient Intelligence Agora (AIA)で実地検証とデータ収集します。計測へのご協力よろしくお願いします。

電気通信大学情報理工学研究科

機械知能システム学専攻

孫光鎬研究室

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

©2017 UEC Ambient Intelligence Agora Allright Reserved.