Agoraでできること

UEC Ambient Intelligence Agoraは、2017年4月にオープンした270名以上を収容可能な学修スペースです。
このスペースでは、ディスカッションやプレゼンテーションなどのアクティブラーニングを支援しています。
また利用状況をセンシングし、得られたデータを人工知能や適応学習などの研究に活用することを目指しています。
研究成果がフィードバックされることで、より良い学修環境が構築される学修と研究の循環が期待されています。

詳しくは以下のページをご覧ください。

空間と設備の利用―Ambient Intelligence Agoraでできること

データの利用―Ambient Intelligence Agoraから取得できるデータ